So-net無料ブログ作成

巨人 再生トレード要員 次は阿部慎之助? [巨人]

楽天の嶋が骨折し1軍登録を抹消された。

楽天は2軍から高卒3年目の下妻を昇格させたが、これで2軍でプレーできる捕手がなんとベネズエラ出身の育成選手セゴビアただ一人という状況になってしまったのだ。

嶋の怪我で一気に球界にトレードの話が加速することは間違いない。




スポンサードリンク










注目を再び浴びるのは矢野のトレードで最終処分場からリサイクルセンターへと変貌を遂げつつある巨人の2軍選手だ。

今巨人の1軍捕手は、相川・実松・加藤健の3選手で、2軍では修業中の若手捕手に小林・河野・鬼屋敷がいる。

本来であれば、一人は若手の選手を1軍で経験を積ませたいところだが、チームの打線が苦しい現状では、

無駄な失点を防ぐためにもベテラン捕手を起用せざるをえないのだろう。



そうなると、ここまでほとんど1軍でのプレーのない鬼屋敷あたりが放出の可能性が高いと思われるが、

鬼屋敷は23歳とまだまだ若い。

小林がもたついている今、将来の正捕手候補争いにはかろうじて残っているといえる。



「99%ない」と言っていた阿部の捕手復帰などが起こる今年の巨人の選手起用からすると、

交流戦明けにベテラン3捕手でやっていくといいながら、小林の電撃復帰もありうる話かもしれない。


そうなると白羽の矢が当たるのは、打撃にも定評がある加藤健だ。

実のところ僕の予想では一番加藤健が狙われているのではないかと思う。

恐らく小林に不安を感じた巨人のフロントは今度のドラフトで即戦力になりうる強打の捕手を探しているはず。

となると、加藤健は年齢的にいっても妥当な線だろうと思われる。



また、正直面白いかもと思うのは阿部慎之助のトレードだ。

楽天からは銀二。

FA移籍が主流の今、話題の超大型トレードになることは間違いない。

まあ、万に一つもあり得ない話だと思うけどね。



巨人ファンとしては、シーズンオフも嶋に振り回され、今度もまたトレードなんてことがあれば、

また嶋に振り回されることになる。

いずれにしても、楽天の捕手補充に関してのトレード話は要注意だ。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。